芸能

糸井羊司アナウンサーの学歴(高校・大学)は?結婚相手と子供についても調査【NHK地震】

 

2021年2月13日(土)の深夜に発生した、福島・宮城で発生した震度6強の大きな地震。

 

その翌日に放送された朝5時のニュースを担当した糸井羊司(いといようじ)アナウンサーの、ある「温かい言葉」が大きな話題となっています。

 

今回はそんな糸井羊司アナウンサーについて迫っていきます!

糸井羊司アナウンサーの学歴(高校・大学)は?

糸井羊司アナウンサーは 1977年11月28日生まれの三重県四日市市出身、現在43歳です。

 

聞き取りやすい落ち着いた声が特徴の糸井羊司アナウンサーですが、地震が発生した翌日に放送された朝5時のニュースにおける「被災者へ向けたメッセージ」が大きな話題となっています。

東日本大震災からまもなく10年を迎える中での今回の地震は「あの日」を思い出してしまい不安を抱える人が多い中、糸井羊司アナウンサーの心からの言葉にはとても励まされたという声が上がっていました。

 

「ほとんど眠れなかった方、早く目覚めてしまった方、ともにお疲れのことと思います。日の出まであと1時間ほどになりますけれども、できるだけ安全な場所で少し目を閉じながらでもかまいませんので、最新の情報をお聞きいただければと思います」

 

実は糸井羊司アナウンサーの初任地が福島県だったという縁があり、ニュースの中でも福島県の地理や、浜通り、中通り、会津地方の位置関係を的確に説明していました。

常に冷静に必要な情報を分かりやすく伝えるプロとしての姿勢はもちろんのこと、その人となりがよく分かる心温まるエピソードとして伝えられています。

 

今回はそんな糸井羊司アナウンサーについて、まずは学生時代を振り返っていきましょう。

神奈川県立多摩高等学校

生まれは三重県ですが中学校からは神奈川県川崎市に住まいを移している糸井羊司アナウンサー、高校は地元川崎市にある神奈川県立多摩高等学校へ進学しています。

 

神奈川県内の公立高校でも上位の偏差値を誇り、文武両道をモットーにしている男女共学校です。

難関大学への進学実績も目をみはるものがあり、きっと糸井羊司アナウンサーも忙しい高校時代を過ごしていたのかもしれませんね。

 

実は2年生の頃から民放のクイズ番組でクイズの問題を作る仕事もしていたというエピソードを語っており、放送全般で大切な「表現力、裏取り力、人を楽しませる要素を盛り込む遊び心」など今に活きるたくさんの経験ができたといいます。

さらには3年生のときに放送委員会の顧問に勧められ、NHK杯全国高校放送コンテストのアナウンス部門でなんと決勝まで進んだという実績も!早くもアナウンサーとしての片鱗が垣間見える貴重な経験をされていたんですね。

 

高校時代に様々な経験を積んだ糸井羊司アナウンサー、大学は一体どちらへ進学したのでしょうか。

 

上智大学文学部新聞学科

母子家庭でクリスチャンでもある糸井羊司アナウンサー、大学はキリスト系の上智大学文学部新聞学科へ進学しました。

 

「新聞学科」というきわめて珍しい学科ですが、その趣旨としてはジャーナリズム、メディアの諸問題を考察するというまさにアナウンサーとしてこれ以上にない内容となっています。

実は小学生の頃からアナウンサーになりたいと考えていた糸井羊司アナウンサー、高校3年生の頃にNHK杯全国高校放送コンテストで決勝まで進んだことで「単なる憧れで終わらせなくていいのかな」と考えるようになったそうですよ♪

 

この上智大学を卒業した後は2000年にNHKへ入局、見事小学生の頃からの夢を叶え今や入局から20年以上というベテランアナウンサーとなりました。

初任地の福島県以降は名古屋、東京、札幌、そして現在の東京へと異動しています。

 

ベテランアナウンサーとして、これからますます糸井羊司アナウンサーの活躍に目が離せません!

糸井羊司アナウンサーの結婚相手と子供は?

落ち着いた聞き取りやすい声が魅力的な糸井羊司アナウンサー。

そこでつい気になってしまうのが、その結婚相手と子供です。

 

糸井羊司アナウンサーのプライベートについて、少し覗いてみましょう。

 

既婚、4人の息子の父親!

あくまでもNHKのいち職員である糸井羊司アナウンサーは、残念ながらそのプライベートについての詳細は公表されていません。

 

しかし過去のインタビューで、なんと4人の息子の父親であることを公表していました。

既に上の子は中学生になっているということですから、20台後半頃には結婚されていたのかもしれませんね。

 

これだけ素敵で立派なお父さんであれば、きっと子供たちにとっても大きな誇りとなっているに違いありませんね!

アナウンサーという不規則で大変なお仕事をされている夫を支える奥様も、きっとそのご活躍を喜んでおられることでしょう。

 

今後ますます、NHKで糸井羊司アナウンサーを見られる機会が増えることを願ってやみません。

まとめ

小学生からの夢を見事叶え、今やNHKの中でもベテランとなった糸井羊司アナウンサー。

今回の被災者にそっと寄り添う心からのメッセージには、多くの人がその思いに感動を覚えました。

伝えることの大切さを伝えてくれた今回の出来事をきっかけに、これからも応援していきたいですね。