音楽

DJケミカルが住職のお寺(実家)はどこで僧名は何?八王子の古刹へ行ってみよう【ファンモン】

 

2013年に惜しまれながら解散したFUNKY MONKEY BABYS(ファンキーモンキーベイビーズ/ファンモン)

 

男性三人組で活動していたファンモンですが、メンバーの一人であるDJケミカルさんはなんと「実家のお寺を継ぐ」という音楽とは全く異なる道へ進むこととなりました。

 

実は深い地元愛のあるDJケミカルさん、今は住職としてどのようなお寺でお勤めをされているのでしょうか。

【DJケミカル】住職をしているお寺(実家)と僧名は?

2013年に惜しまれながら解散したFUNKY MONKEY BABYS(ファンキーモンキーベイビーズ/ファンモン)

 

なんとこの度、8年ぶりにファンキー加藤さんとモン吉さんの2人で「FUNKY MONKEY BΛBY’S(読み方は同じ)」として活動を再開することが発表されました!

既にお寺の住職(お坊さん)としてお勤めをされているDJケミカルさんは、そんな二人の新たな門出を快く応援されているそうです。

 

DJケミカルさんはその名のとおりファンモンではDJを務めていましたが、長男であることもふまえ現在は実家のお寺で副住職として新たな道を歩いています。

地元である東京都八王子市を深く愛していることはファンの中でも有名で、今でも用事があるときには電車に乗って都心部へ通っているのだとか。

 

まずは、そんなDJケミカルさんのお寺(実家)と僧侶としての名前(僧名)についてチェックしていきましょう。

八王子で一番古いお寺・法蓮寺(ほうれんじ) / 時宗

気になるDJケミカルさんの実家のお寺ですが、正式には「時宗 河口山 宝池院 法蓮寺(ほうれんじ)」といいます。

 

開山されたのはなんと鎌倉時代・嘉元2年(1304年)とされ、後二条天皇、鎌倉幕府将軍は久明親王、執権は北条師時(もろとき)の時代となります。

10代執権である北条師時は教科書でも必ず習う「元寇」のあった8代執権・北条時宗よりも後の時代となりますが、大体その頃だと分かると歴史の深さが分かりますね!

 

宗派である時宗(じしゅう)とは一遍上人が開祖となった鎌倉時代末期に興った浄土教の一宗で、別名「鎌倉仏教」とも呼ばれれいます。

 

お念仏「南無阿弥陀仏」を唱えれば阿弥陀仏への信・不信は問わず往生できるとされており、誰もが一度は聞いたことがある言葉ですよね。

DJケミカルさんが副住職を勤める法蓮寺は駅から距離がありますので、もし向かう場合にはタクシーを利用することをオススメします。

 

【時宗 河口山 宝池院 法蓮寺(ほうれんじ)】

住所 東京都八王子市川口町2472
アクセス JR中央線西八王子駅から車で18分

 

なんと武田氏に関する伝承まで残っている法蓮寺、DJケミカルさんファンはもちろんのこと歴史ファンにとっても注目のお寺です。

僧名は本名を使用

住職(お坊さん)としての名前のことを、僧名(そうみょう)といいます。

 

DJケミカルさんの場合には本名である田野倉智文(たのくらともふみ)から名の部分を用いて、「智文(ちぶん)」と名乗られているそうです。

本名から一文字だけを用いる場合や、本名とは全く関係のない僧名となる方などその名付けは様々なのだそうですよ。

 

僧名は自身で勝手に名付けることができる訳ではありませんので、DJケミカルさんの場合には住職であるお父様からいただいた可能性があります。

 

国内外で僧侶としての修行を重ねてきた上で晴れて僧名を得ることができたときには、それはきっと感慨深いものがあっただろうなと想像できますよね。

ちなみに、本名は俗世での名前として「俗名」と呼ばれることは聞いたことがあると思います。

 

また、かつてお寺は広く民衆に開かれた場所として人が集う情報発信の場でもありました。

少し敷居が高く感じてしまいますが、法話などを聞く機会も多々ありますので少し足を伸ばしてみて知見を広げてみるのも新しい楽しみのひとつとなるかもしれません。

 

DJケミカルさんは愛する地元・八王子から、かつてのメンバーの門出をこれからも静かに見守っていてくれることでしょう。

まとめ

ミュージシャンから住職という、異例の道を進んでいるDJケミカルさん。

その実家であるお寺は八王子を代表する古刹で、現在は副住職としてお勤めをされていることが分かりました。

DJケミカルさんのこれからを、暖かく応援していきたいですね。