映画・ドラマ

【青のSP(スクールポリス)】ロケ地はどこ?撮影場所を詳しく解説【藤原竜也×真木よう子】

 

2021年1月12日(火)より放送開始となった、ドラマ「青のSP(スクールポリス) -学校内警察・嶋田隆平-」

 

今作は藤原竜也さんと真木よう子さんのW主演、更に高橋克実さんや山口紗弥加さん、須賀健太さんなどが先生役として登場するなど豪華俳優陣が集まった内容となっています。

 

今回は実際のロケ地となった撮影場所を詳しく調査していきます!

【青のSP(スクールポリス)】ロケ地となった撮影場所

真木よう子さん演じる浅村涼子(あさむらりょうこ)が勤務する赤嶺中学校へ、文部科学省の承認を受けた学校内警察官(スクールポリス)として藤原竜也さん演じる警視庁捜査一課刑事の嶋田隆平(しまだりゅうへい)がやってきたことで物語が始まる「青のSP(スクールポリス) -学校内警察・嶋田隆平-」

 

「学校だから」「子どもだから」と見過ごされてきた様々な問題を、「守ってやるが、容赦はしない」の言葉のとおり学校内で現行犯として手錠をかける姿には衝撃が走りました。

第1話では授業中の態度を注意されて逆上した生徒が教卓へ机を投げつけた際には単なる「反抗的な態度」で片付けるのではなく、明確に「器物損壊罪」として扱われました。

 

教育現場が抱えている問題に痛快に切り込む現代の勧善懲悪モノである今作は、佐々木充郭(ささきみつひろ)さん原作の「スクールポリス」を題材としたドラマオリジナル作品となっています。

 

藤原竜也さん演じるスクールポリスがやってきたことにより、赤嶺中学校内での授業妨害、セクハラ、ネットへの晒し行為、ストーカーなど、あらゆる問題が浮き彫りとなりました。

それらをこれからどのように先生たちと解決していくのか、今後の展開に注目です!

 

物語の舞台となる赤嶺中学校はもちろんのこと、他のロケ地となった撮影場所について詳しく迫っていきます!

旧西陵中学校(千葉県茂原市)

まず、このドラマの舞台となる赤嶺中学校は千葉県茂原市にある旧西陵中学校で撮影が行われています。

 

現在は廃校となっていますが、実は「アンナチュラル」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」など数々の作品で撮影が行われている人気スポット!

真正面に大きな階段がある特徴的な作りとなっているので、これは見た瞬間に「あの場所だ!」と気づくことができそうですね♪

 

実際に中に入ることはできませんが、現在茂原市商工観光課の方によって特別パネルが設置されているので良い目印となりそうです。

【旧西陵中学校】

住所 千葉県茂原市緑ケ丘1-53
アクセス JR外房線茂原駅東口よりバスで16分

 

旧西陵中学校は住宅街の中にありますので、訪れる際には静かに見学するようにしましょう。

 

狛江市役所(東京都狛江市)

藤原竜也さん演じる嶋田隆平と、その後輩であり何かと便利に使われてしまう三枝弘樹(さえぐさひろき)を演じる山田裕貴さんは同じ住浜警察署生活安全課少年係に所属しています。

 

この住浜警察署の撮影場所となったのが、「半沢直樹」「貴族探偵」「あなたの番です」などでも使用された東京都狛江市役所です。

実際に藤原竜也さんに逮捕された生徒はこの住浜警察署へ連行され、その生徒を真木よう子さんが迎えに行くなど何かと物語で登場する印象的な場所となっています。

 

赤嶺中学校はもちろんのこと、この住浜警察署も目の前の大きな階段が特徴的であるため物語に何か関係しているのか気になってしまいますね。

【狛江市役所】

住所 東京都狛江市和泉本町1-1-5
アクセス 小田急線狛江駅から徒歩3分

 

大きな階段は狛江市役所の門の中にありますので、開庁時間内に訪れることをオススメします。

ラーメンの王様(東京都江戸川区)

真木よう子さんが住浜警察署へ生徒を迎えに行った帰り、激辛ラーメン・鬼ごろしを注文した「麵飯食堂 王様の味」の舞台となったのがラーメンの王様です。

 

原作では真木よう子さん演じる浅村涼子の実家という設定になっていますが、ドラマではあくまでもよく通うお店としての位置づけとなっていました。

地元のラーメン屋さんらしいレトロな雰囲気があり、これまで様々な撮影で使用されてきた隠れ人気スポットとしておなじみの場所でもあります。

 

地元の方からも長年愛されている街の中華屋さんとして、聖地巡りの際にはぜひ立ち寄りたいお店です。

【ラーメンの王様】

住所 東京都江戸川区西葛西1-11-24
アクセス 東京メトロ東西線西葛西駅より徒歩13分
定休日 月曜日

 

既に2話放送された中でどちらも登場しているこのお店、物語の後半には藤原竜也さんもラーメンを食べにくるかもしれませんね♪

 

荒川河川敷(東京都荒川区)

東京下町にある設定となっている赤嶺中学校は、先生や生徒たちが通勤通学をする場所としてスカイツリーがよく見える荒川河川敷を歩くシーンが映っています。

 

荒川河川敷は地元の方の憩いの場として、通勤通学だけでなくサイクリングやジョギング、犬の散歩など様々な用途で利用されています。

ラーメンを食べた後は、ぜひこの場所を歩いて腹ごなしをしたいですね♪

 

この場所は、その名のとおり白い塗装が特徴の「白鬚橋(しらひげばし)」を目指すと真っ直ぐに向かうことができますよ。

【荒川河川敷(白鬚橋)】

住所 東京都荒川区南千住3丁目
アクセス JR常磐線南千住駅から徒歩18分

 

青のSP(スクールポリス)を印象付ける場所として、特にオススメの場所をご紹介しました!

まとめ

学校が抱えている様々な問題を、痛快に切り込んでいく「青のSP(スクールポリス) -学校内警察・嶋田隆平-」

今後どのように物語が展開していくのか、今からドキドキしてしまいますね。

ぜひ聖地巡礼を通じて、更に作品の世界観を堪能していきましょう♪