芸能

【なぜ笑うんだい?】山梨学院・岩岡遼太とクリロナの会話全文と名言!夢を叶え優勝!

 

第99回全国高校サッカー選手権大会では、優勝候補筆頭の青森山田をPK戦の末に下した山梨学院が11年ぶり2度目の優勝果たしました。

 

この山梨学院サッカー部に所属する岩岡遼太(いわおかりょうた)さんと、世界的に有名なあのクリスティアーノ・ロナウド選手との過去のやり取りが話題となっています。

 

今回はそんな二人の気になる過去のやり取りについて調査していきます!

【岩岡遼太とクリロナ】会話全文と名言

岩岡遼太(いわおかりょうた)さんとクリロナとの出会いは、2014年7月のことでした。

 

今では高校3年生となった岩岡遼太さんですが、当時はまだまだあどけなさの残る小学生。

ずっと憧れていたクリロナを目の前にし、頭が真っ白になったことを今でも覚えているといいます。

 

小学校2年生の頃からサッカーを始めた岩岡遼太さんはドリブルを真似したりユニフォームを集めたりと、とにかく本当にクリロナが大好きだったそうです。

そんな彼が今回山梨学院サッカー部として全国優勝できたことは、きっとクリロナも喜んでくれることに違いありません。

 

二人の出会いは、当時各社から「神対応」として報道されたあの出来事だったのです。

「なぜ笑うんだい?」会話全文

2014年7月、健康美容器具のPRで来日するクリロナに直接質問をすることができるというキャンペーンが行われました。

 

直接質問できる人は、わずか3名!岩岡遼太さんは一万人を超える応募の中から、見事この3名のうちの1人に選ばれたのです。

当時小学校の修学旅行中だったため2日目の朝に旅行先の日光まで親が迎えに行き、そこから東京のイベント会場に直行したといいます。

 

クリロナの母国語であるポルトガル語で質問をしようと、対面する当日まで紙に書き一生懸命練習したという岩岡遼太さん。

目の前には憧れのクリロナ、そして大勢の報道陣のカメラとライトという異様な環境に緊張をしながら一生懸命質問をしました。

 

その時の会話は、ポルトガル語でこのようなものでした。

 

【会話全文】

岩岡遼太 「僕の夢はサッカー選手になることです。」
クリロナ 「OK、わかるよ。」
岩岡遼太 「その目標を実現させるためには…」
(ここで何故か会場からは笑いが起きる)
クリロナ (英語で会場へ向けて)「なぜ笑うんだ?彼のポルトガル語は上手だよ。一生懸命やっているのに笑うことはないだろう。」

 

まだ英語も分からない小学生が一生懸命にポルトガル語を話している中、薄情にも会場の記者たちからは笑いが起きます。

 

しっかりと向き合い傾聴していたクリロナは、会場の記者に向けてとっさに英語で「なぜ笑うんだ?彼のポルトガル語は上手だよ。」というこれ以上にないアシスト!

このときのクリロナの言動が、当時「神対応」として大きく報道されることになったのでした。

 

目の前で一生懸命に取り組んでいる子どもに対し、それを平気で笑うような大人という構図はクリロナのスポーツマンシップとして許せない部分が大きかったのだと思います。

当たり前のことを物怖じせずきちんと伝え相手を守る、クリロナの人格者としての姿がよく分かるイベントでの一幕でした。

 

実はもう一つ、岩岡遼太さんがずっと胸に秘めたお守りとしてクリロナから贈られた名言があるのです。

優勝を叶えたクリロナのもう一つの名言

岩岡遼太さんとクリロナのやり取りとしては、どうしても過去のイベントでの一幕がピックアップされることが多いです。

 

そんな中、当時クリロナから贈られたある言葉がずっとお守りとして大切にしていた言葉があると語っています。

苦難の連続だったサッカー人生の中でもずっと諦めず、大きな壁を乗り越える原動力となった言葉とは一体何だったのでしょうか。

 

その言葉とは、「信念を持ち、努力を重ねて、チャンスを逃さないことだよ。」

 

スタメン入りがなかなかできず、ポジションを後輩に奪われても日々のトレーニングは一切手を抜かなかったという岩岡遼太さん。

普通であれば諦めてしまうような逆境であっても、あの日にクリロナから貰った言葉をずっとお守りとして大切にしていたのですね。

 

「あの時の少年が夢を叶えた!」暗いニュースが多い中、多くの人に希望と感動を与えた出来事でした。

まとめ

優勝候補を打ち破り、見事優勝を手にした山梨学院高校。

そのメンバーである岩岡遼太さんは、クリロナからの言葉を胸に優勝を勝ち取ることができました。

サッカー少年の夢のような物語は、これからもたくさんの人の間で語り継がれていくことでしょう。