刀剣乱舞

松田凌(りょう)の代表作3選!刀剣乱舞、仮面ライダー鎧武、薄桜鬼など幅広く活躍中

 

舞台やドラマなど、幅広く活躍している俳優松田凌さん。

 

仮面ライダー鎧武に続き、あの刀剣乱舞に出演が決定したことで大きな話題を呼んでいます。

 

今回はそんな松田凌さんの代表作3選について迫っていきます!

仮面ライダー鎧武で一躍有名になった松田凌さん

松田凌(まつだりょう)さんは舞台やドラマなど幅広く活躍中の俳優さんで

兵庫県出身、 1991年9月13日生まれの現在29歳です。

 

高校生の頃に下北沢で見た舞台に感動し、「自分も同じ舞台に立ってみたい」と思い俳優の道を志した松田凌さん。

 

2011年にデビューをし、なんと翌年2012年には初舞台で初主演という華々しい経歴!

そのきっかけとなったのが、2.5次元作品であるミュージカル「薄桜鬼」でした。

 

ミュージカル「薄桜鬼」以降、舞台を中心に活動を続けていた松田凌さんは

2013年に放送された「仮面ライダー鎧武」に出演したことで一躍有名に!

 

大人だけでなく、ちびっこにも大人気となりました。

 

そして、2021年には大人気作品である舞台「刀剣乱舞」への出演も決定しました。

特技が殺陣とアクション、そして少林拳空手では西日本優勝という経歴があり運動神経は抜群!

 

今回はそんな松田凌さんの代表作である「刀剣乱舞」「仮面ライダー鎧武」「薄桜鬼」をそれぞれ詳しく見ていきましょう!

松田凌の代表作3選!役柄の幅の広さがすごい

ミュージカル「薄桜鬼」で舞台デビューをした松田凌さん。

それぞれに演じる役柄が幅広く、その魅力を存分に堪能することができます。

今回はそれぞれを詳しく見ていきますよ~!

 

ミュージカル「薄桜鬼」 / 斎藤一 役

 

松田凌さんの初舞台作品となったミュージカル「薄桜鬼」では、斎藤一役を演じました。

 

2012年から舞台化したミュージカルで、この第一弾が「斎藤一編」となっており

2.5次元俳優としてのデビュー作品でもある思い入れの強い作品です。

 

「薄桜鬼」は女性向け恋愛ゲームが原作となっており、新選組のお話となっています。

 

その中でも特に斎藤一は人気のキャラクターで、初舞台で初主演とあればかなりのプレッシャーがあったはず。

 

回を重ねるごとにより役柄により近づいていった松田凌さん。今よりもういういしい姿を見ることができる貴重な作品です!

 

仮面ライダー鎧武 / 城乃内秀保 ・ 仮面ライダーグリドン 役

 

2013年に放送された「仮面ライダー鎧武」では、松田凌さんは城乃内秀保/仮面ライダーグリドン役を演じました。

 

「自称策士」のとおり、自信満々で出ていってもすぐにやられてしまうグリドン。

そんなグリドンの師匠となるのが、元傭兵でおネエ系パティシエである吉田メタルさん演じる凰連・ピエール・アルフォンゾ/仮面ライダーブラーボでした。

 

最近ではこの城乃内/グリドンと凰連/ブラーボのスピンオフ作品が公開となり、変わらない師弟愛に感動したファンがたくさん!

 

仮面ライダー鎧武キャストは今でもとても仲が良く、松田凌さんと吉田メタルさんももちろん仲良しです♪

 

いわゆる正義の味方というポジションではなく、卑怯な手を使ってのし上がろうとしていた城乃内。それをプロフェッショナルという視点から、厳しく指導し続けた凰連。

劇中でも何度も諦めそうになる城乃内は、自身の変身音である「ネバーギブアップ」が次第に心の支えにもなっていきます。

 

この「ネバーギブアップ」という言葉は松田凌さんにとっても大きな支えとなり、過去のインタビューではこんな心温まるエピソードもお話していました。

何より心に残ったのは、小学生の男の子から「ぼくは学校の成績も悪いし運動もできないけれど、”ネバーギブアップ”で頑張ります。強い人間になります!」と言われたこと。その言葉を聞いたとき、あまりの感動で思わず泣いちゃったんですよ。その子からは手紙をいただいたんですけど、それも大事に取っています。そのとき、城乃内も子どもに夢を与えることができたんだなあ……と思って、以来「ネバーギブアップ」は自分の中でも大切な言葉として受け止めています。

マイナビニュースより

 

コロナ禍で外出自粛が続く中、かつての仮面ライダー鎧武キャストでちびっこたちへの激励動画も話題となりました。

 

松田凌さんにとって俳優として大転換の作品となった仮面ライダー鎧武。

 

話もとても面白いので、ぜひ城乃内/グリドンの活躍をご覧あれ!

舞台「刀剣乱舞」 / 加州清光 役

 

2.5次元作品として、特に人気のある舞台「刀剣乱舞」

 

ここで松田凌さんは、新選組・沖田総司の愛刀である加州清光役を演じます。

 

特技が殺陣、更に過去にはミュージカル「薄桜鬼」にて沖田総司と良いライバルであった斎藤一を演じている松田凌さん。

 

それらを知っているファンにとっては、まさにたまらないキャスティングとなりました。

 

「刀剣乱舞」はミュージカルと舞台ではキャストが異なる場合が多く、

ミュージカルでは佐藤流司さんが、そして舞台では松田凌さんが初めてこの加州清光を演じます!

 

2021年1月からの舞台、今から楽しみですね!

まとめ

たくさんの魅力で溢れた松田凌さん。

薄桜鬼、仮面ライダー鎧武、そしてこれから迎える刀剣乱舞を通じ更にパワーアップしていくこと間違いなし!

特に、刀剣乱舞では特技の殺陣を惜しみなく見ることができそうです。

今後も大注目の俳優、松田凌さんの特集でした!

【刀剣乱舞】舞台、ミュージカルキャスト一覧!推しキャストをまとめて見てみよう 今や紅白歌合戦にまで出場し、様々な作品展開を行っている「刀剣乱舞」シリーズ。 この「刀剣乱舞」シリーズで、舞台やミ...