社会

スーパークレイジー君(西本誠)とは何者?戸田市議当選で刺青は?経歴と公約も調査

 

2021年1月31日に開票された埼玉県戸田市議員選挙で見事初当選を果たしたスーパークレイジー君(西本誠/にしもとまこと)

 

2020年に行われた東京都知事選に立候補したことでも話題となったスーパークレイジー君ですが、今回戸田市議に当選したことで政治家としての第一歩を歩み始めました。

 

今回はそんなスーパークレイジー君について迫っていきます!

【スーパークレイジー君(西本誠)】一体何者?話題となっている刺青問題とは

スーパークレイジー君こと西本誠(にしもとまこと)さんは宮崎県宮崎市出身、1986年8月14日生まれの現在34歳です。

 

特攻服という奇抜な衣装と派手なパフォーマンスで注目を集め、2020年に行われた東京都知事選では若者を中心に票を集めたことで大きな話題となりました。

その個性的な外見とは裏腹に、都知事選立候補時の政権放送ではきちんと自分の言葉でしっかりと意見を述べている姿には「見る目が変わった」という声も聞こえてきたほどです。

 

そんなスーパークレイジー君ですが、「スーパークレイジー君党」として埼玉県戸田市議員選挙では912票を獲得し見事初当選を果たしました。

 

宮崎県宮崎市出身のスーパークレイジー君にとって、生まれ故郷でも育った場所でもない埼玉県戸田市で900票以上も集めることは想像以上に大変なこと。

一体何が有権者の心を動かし、他の候補者を破り当選を果たしたのでしょうか。

 

まずはスーパークレイジー君について、詳しく見ていきましょう。

元暴走族、少年院、複雑な生い立ちという経歴

21歳の頃に上京したスーパークレイジー君ですが、その生い立ちはとても複雑なものでした。

 

母親が18歳の頃に生まれたスーパークレイジー君ですがその後離婚、親権を持つ父親は刑務所暮らしが長く度々新しい「お母さん」を連れてきたといいます。

結果的にスーパークレイジー君の戸籍には7名もの女性が記載されることとなり、当時思春期に直面していた多感な心に与えた影響は計り知ることができません。

 

その複雑な生い立ちからか元暴走族のスーパークレイジー君には逮捕歴があり、10代の頃だけで少年院に3回、鑑別書に6回、教護院に1回入っていたという経歴があります。

 

2万円を握りしめ上京をしてからは銀座のクラブで黒服として勤務し、29歳で社長にまで上り詰めました。

現在は歌手、YouTuberとして幅広く活動を続けています。

 

「夜の街で勤務をしていたからこそ、もっと若者に政治に興味をもってほしい」と政治家を志したスーパークレイジー君ですが、実は今ある大きな問題が発生しています。

 

全身に入れた刺青で苦情の電話も

日本において、いわゆる刺青(いれずみ)は決してポジティブなものではありません。

 

スーパークレイジー君の場合、この刺青がなんと全身にしっかり入っていることにより市議という公職に就く上で大きな問題となっているようです。

実際に当選を果たした埼玉県戸田市にも、「刺青の入った市議なんて辞めさせろ!」と苦情の電話がかかってきていることを自身のインスタライブで語っていました。

 

この問題についてはスーパークレイジー君自身もしっかりと認識しており、刺青が入っていることにより当選自体が無効となるということはありません。

 

決して好意的な意見ばかりではない中、「政治家としてしっかり結果を見せてくれればいい」「戸田市をより良い街にしてほしい」というポジティブな声も届いています。

市民と果たした約束を、これからしっかりと結果として残していく!それが今スーパークレイジー君に求められていることのように思います。

 

過去ばかりを振り返るのではなく、これからの未来に向かって明るい市政運営に携わっていってほしいですね。

【スーパークレイジー君(西本誠)】戸田市議選での公約

議員として立候補する場合、その際に掲げるものとして「公約」があります。

その名のとおり、これは市民や国民との約束事で自身が当選を果たした際には必ず実行するというものです。

今回、スーパークレイジー君はどのような公約を掲げていたのでしょうか。

 

新しいモノサシで次代を創る

若者世代であるからこそ、同年代の「政治には興味がない」「選挙なんて行ったことがない」を変えていこうと立ち上がったスーパークレイジー君。

 

その掲げた公約はとても変わりやすく、「安心の子育て」「頼れる福祉」「活気ある街づくり」「新型コロナウイルス対策」という4本柱となっています。

特に子煩悩な父親でもあるスーパークレイジー君にとって、まさに現役子育て世代であるからこそ見えてくるものがたくさんありそうですね。

 

実際にこの公約をすべて達成していくには並大抵のことではなく、任期である4年間にどれだけ実行に移せるかが注目されています。

戸田市で生まれ育った子どもたちが将来にわたり自身の街を好きでいてくれて住み続けてくれることになれば、市議としてこれほど嬉しいことはないはずです。

 

政治家としての第一歩を歩み始めたスーパークレイジー君、これからの活躍に注目していきましょう!

まとめ

派手な出で立ちばかりに注目されてしまうスーパークレイジー君ですが、これまでの過去があるからこそ「人生やりなおし!」という言葉のとおり前に向かっていくパワーはものすごいものがあります。

街頭演説では学生が集まり、更にはサインや写真まで求められるような立候補者はこれまでなかなかなかった出来事です。

戸田市政がこれからどうなっていくのか、温かい目で見守っていきたいですね。